関連検索ワード、関連キーワードとは?

検索するキーワードは、基本キーワード1つで検索するより、複合ワードでの検索が多いことをご存知でしょうか?

例えば、「誕生日ケーキ」という検索をする方は、もちろん”誕生日ケーキ”と単体で検索する方が一番多いのですが、それでは必要な情報にたどり着けません。

  • 誕生日ケーキ+通販(通販で購入したいと考えている方)
  • 誕生日ケーキ+オススメ(今流行の誕生日ケーキを知りたい方)
  • 誕生日ケーキ+価格(相場を知りたいと考える方)
  • 誕生日ケーキ+新宿(新宿で誕生日ケーキを買いたいと考えている方)

等など、実は、実際にその人の置かれた状況に応じて複合ワードで検索しているケースが少なくありません。

単体検索:複合ワード検索=2:8 という検索ボリューム比率になっているとも言われており、複合ワードで検索するユーザーが圧倒的に多いのです。

”誕生日ケーキ”を検索した例

複合ワード

関連キーワード自体が誹謗中傷になることも

検索にはとても便利な関連キーワード機能ですが、誹謗中傷になることがあります。よくあるのが、会社名で検索したときに、「会社名+詐欺」とか、「会社名+ブラック」等が出るケースです。

検索ワードにこういった関連ワードが出ること自体、何か問題をおかしたのではないか?という検索ユーz-アに印象を与えます。

関連キーワード削除というサービスもあるくらい、この手の誹謗中傷には各社は敏感になっています。

ネット上の関連検索ワードがその会社の評判を現していることが多いので、どういう関連検索ワードが表示されているのか?よく監視しておくことが重要です。

監視サービスも合わせて行うことができますので、誹謗中傷サービス会社をよく活用することが重要です。